効果的なストレッチ3か条

安全で結果のでるストレッチを行うために

コロナ禍で外出できずに自宅で過ごす方が増えていると運動不足になってしまいます。

ㅤ  

そんな中で自宅でセルフストレッチを習慣にする方も増えてきています。

ㅤ  

しかし、ストレッチといってもやり方を間違えると、効果がないばかりか逆効果になってしまうこともあります。

ㅤ  

そうならないためのストレッチの注意点は以下の3つです。

 ㅤ 

①ストレッチは食後1時間以上空けること

ストレッチを行うときには、消化のために血液が胃に集中している食後すぐは避け1時間以上空ける様にしましょう。

これは運動も然りですので、ご注意ください。

ㅤ 

②ストレッチ前に常温やぬるめのお湯を飲むこと

事前にお湯を飲むと水分と一緒に体の不要物を一緒に排出するデトックス効果が期待できます。

副交感神経の働きが促進され、血液循環が改善しますので、水分摂取は不可欠ですね。

ㅤ 

③筋肉痛がある時は行わない

筋肉痛は傷ついた筋肉が修復していく回復の過程です。

その間にストレッチを行ってしまうとより筋肉を傷ついてしまうので痛みがある間はストレッチは行わないようにしましょう。

ㅤ 

以上3点に気をつけるとやった後の感覚がだいぶ変わりますのでぜひ試してみてくださいね!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK